行なうべき工夫

昨日まで問題なく使えていたパソコンが、今日になって急に起動しなくなったといったトラブルも電子機器である以上起こることは珍しくありません。パソコンが起動しない場合は、工夫できることもあります。 まず起動しない原因が外的環境にあると仮定して、外部の環境を変えてみることです。例えばHDDは低温環境下にあると起動に失敗することがあるので、部屋を温めてから起動をし直すと、いつものように起動をする可能性があります。 また周辺機器を一端全て取り外してから、起動をすることでも問題を解決できることがあります。これは原因が外付けのメディアドライブやHDDがバイオスでプライマリに設定されていた場合、よく起こる起動しない原因だからです。

もしパソコンが起動しない場合はでも先述のようにいくつかの方法で対処できることがありますが、完全にハードウェアが故障していた場合や、ソフトウェア側、特に基本ソフトのファイルの破損などが原因ですと、自力修復が難しいケースがあります。 そのような厄介なパソコンが起動しない事態に対しては、パソコン修理業者に依頼をするのが最後の頼れる手段となります。修理業者はパソコンに関する様々なトラブルケースに関する知識があるので、起動しないという致命的な問題にたいしても、確実に対処をしてくれます。 ハードウェアの故障ならば、その故障したパーツを交換修理をした上で返送してくれます。またソフトウェア側の問題なら、基本ソフトの再インストールなどの手段で問題を解消してくれるため、確実にパソコンが直ります。