予算を考えて

現代の日本では携帯電話が普及しており、一般家庭において固定電話を持たず、携帯電話で代用する人が増えているほどです。 その携帯電話の中でも多くの機能を持つスマートフォンタイプの携帯電話は人気があり、携帯電話の半数以上の所持者がスマートフォンタイプを持っています。 また、スマートフォンの中でもiPhoneと呼ばれる機種は人気があり、多くの人がiPhoneを利用しています。 その為、iPhoneを修理に出す人も多くiPhone修理店は活躍しています。 iPhone修理の費用は修理個所によって異なっています。 例えば、iPhone6Plusの画面割れの修理費用は相場で2万5千円程度で、バッテリー交換では8千円程になります。 もし保証期限が過ぎており、修理に出そうと考えているのならばiPhone修理店で一度見てもらうことをお勧めします。

iPhoneの修理費用は最新機種であるほど費用が高くなります。 なぜならば、修理店が持っているiPhone最新機種の部品が品薄であり、新しい部品も高い値段で取引されているからです。 例えば最新機種であるiPhone6Plusのガラス割れの修理費用は2万5千円程ですが、iPhone5の場合は1万円程で費用がかなり違います。 他にもiPhone6Plusのスリープボタンの修理費用は8千円程ですが、iPhone5では約6千円が相場の修理費用となっています。 このようにiPhoneの新旧によって料金が異なっており、場合によってはお店に部品の在庫がない為に修理自体できない場合があります。 ただし、apple正規店で修理依頼すれば本体を丸ごと交換するので費用が高くなり、iPhone修理店で該当箇所だけ修理してもらった方が安く済むことがあります。 もし修理依頼をするのならば一度見積もりを作ってもらい、どれくらいの料金で修理してもらえるか確認した方が望ましいです。