作業を依頼できる場所

まずは、iPhone修理について説明します。 iPhone修理が出来るところは電気店や、個人的なお店、そしてAppleなどです。 大きく分けて正規の修理サービスと修理業者の2つがあります。 前者はApple公認の業者で、後者はApple非公認の業者になっています。 公式のサポートの場合は持ち込みの他に郵送も受け付けてくれます。ですので、忙しい人には良い情報ですね。 持ち込みに対応しているのはAppleStoreなどです。 そして、なんと条件が合えば無償修理になるのです。 iPhoneの場合1年間の製品保証期間があり、かつ過失、分解、非正規修理、不正改造からの破損出ない場合はiPhone修理が無料になるので確認しておくと良いでしょう。

続いて、iPhone修理にかかる料金について説明していきます。 今回は参考までにiPhone6を例にします。 まずは、iPhoneの画面の損傷の料金です。Apple公式では1万2800円となっていてそのほかの機種は1万4800円となっています。 次ですが、AppleCareプラスを持っている場合は2回まで7800円で修理を受けられます。 次に、バッテリーの修理にかかる料金です。公式では、すべてのiPhoneモデルで9400円となっています。 そのほかの各種修理サービスにかかる料金はiPhone6で3万4800円となっています。 ここでもAppleCareプラスがあれば7800円で受けられます。 そのほか非公認の業者は多少安くなっているのでコストを抑えたい場合はそちらが良いでしょう。